名刺

理想的なビジネス名刺を作るコツと印刷業者のできる事を紹介

名刺印刷を地域の業者に任せる流れ

名刺交換

平日のお昼休みか仕事が終わった後に印刷会社に向かいます。会社に入ると業者が応じてくれるので、名刺印刷をして欲しいと伝えます。特にデザインを加える気がない時は、所持している名刺を業者に手渡して、それと同じ物を作って欲しいと依頼すると最適です。依頼すれば見積もりの結果を出してくれるので、作業時間及び費用に納得すれば作業を開始してくれます。
次の日の夕方頃には作業が済んでいる場合がほとんどです。ただ、沢山の枚数の名刺を依頼した時は、終わるのに2日ほど要すこともあります。
名刺の何処かにアレンジを加えたい時は、業者にその旨を伝えれば作業の結果予測をPCの画面で見せてくれます。名前を大きくするだけでなく、裏側の背景に特殊な色を加えることも場所によっては可能です。画面で見せてもらった内容に満足すれば、業者は見積もりを出してくれるので、それに頷けば作業が始まります。
普通に依頼した時と同じで、次の日には作業終了しているため、時間がある時にでも取りに行くと良いです。
電話で名刺印刷の依頼をすることもできます。この場合はどんな名刺にするのかを正しく業者に伝えて、宅配で送ってもらうために住所氏名及び電話番号を伝えます。支払い方法は代金引換を選択すれば安全です。後は宅配業者が来るのを待つだけですが、同じ県内に住む業者に依頼をしたことになるので、早ければ2日で届きます。

pick up contents

このページのトップへ